×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



TRIBUTE to a DOG
犬に贈る賛辞

The one absolutely friend that man can have in this selfish world,
the one that never deserts him,
the one that never proves ungrateful or treacherous,
is his dog.

A man's dog stands by him in prosperity and in poverty,
in health and in sickness.
He will sleep on the cold ground,
where the wintry winds blow and the snow drives fiercely,
if only he may be near his master's side.

He will kiss the hand that has no food to offer;
He will lick the wounds and sores
that come in encounter with theroughness of the world.
He guards the sleep of his pauper master as if he were a prince.

When all other friends desert, he remains.

When riches take wing and reputation falls to pieces,
he is as constant in his love as the sun in its journey through the heavens.

この利己心にみちた世界にあって、
一人の人間が友となす事のできる、
唯一利己心とは無縁の存在、
決して彼を見棄てることのない、
忘恩も裏切りも知らぬ真実の友、
それは犬である。

犬は富めるときも貧しきときも
健やかなときも病めるときも、
彼の主人につきしたがう。

ただ主人の傍にいられるならば、
冬の風が吹き付け、
吹雪の荒れ狂う冷たい地面の上にも、
安んじて眠るだらう。

与えるべき食物を持たぬ、
その手にも口づけするだろう。
この残酷な世界との対峙のなかで生じた、
主人の傷口をなめようとするだろう。
まるで王子につかえるかのごとく、
彼は貧しき主人の眠りを守る。

他の友が皆去った後も、彼はとどまる。

富が消え失せ、名声が地に落ちようとも、
さながら天空を旅する太陽のように、
変わらぬ愛を持ち続けるのだ。

ジョージ・ヴェスト上院議員、1870年